探偵の調査費用とご依頼者の予算

探偵が取り扱う調査業務はすべてが高額な調査とは限りません。例としてこのようなケースが存在します。長年の間に気がかりとなってしまっている「些細な心配事」を探偵に依頼して解決しようと考えます。この場合、どのような調査を実施して「心配事を解消するか?」が調査費用に大きく関わると言えます。多くの人員をさいた調査手法を用いて「人と経費をかけた調査」を実施したならば、当然ですが高額な調査となってしまいます。しかし、探偵との相談時点で「調査の予算」に関するお話しをすることで、現実的で可能な調査手法が探偵から提案されることは有意義なことと言えるでしょう。高額費用な探偵の調査が「ご相談者の本意」であるならば問題ないのですが、多くの方は「出来ることならば低額な予算で納得できる調査結果を得たい」と考えるものなのです。

当社のご相談業務は「調査に必要な費用をご相談内容から判断」し探偵から予算内で結果が得られる方向性をご提案させていただきます。このとき多くのご相談者は「費用と調査内容」を天秤にかけて調査を依頼するべきか?判断し「探偵に調査の依頼」という流れが一般的でスムーズな相談から依頼の流れとなります。もし、調査手法や調査にかかる費用に納得されないケースは「契約を見送る」ことも必要と言えるでしょう。このような判断が中途半端な状況下で探偵と調査契約を結んでしまった先に待っているものは「探偵の調査結果に納得できない」状況や「探偵が提案した見積もり以上の金額が必要となり予算を大幅に超えて納得できない状況」なども十分に考えられるのです。

心配事や不安を解消してくれる探偵とは依頼者の立場に立ち、「ご相談・ご利用になる調査・ご予算」を提案できる探偵と言い換えることが出来ます。そして、調査結果が納得ゆくものであることは当然であり、調査結果がご依頼者の想定を大きく外れた場合であっても「調査結果を受けとめた上で依頼者と誠意をもって接する探偵」が、あなたの持つ悩みや心配事を相談する相手として相応しいと言えるのです。

探偵との契約での注意点

調査を依頼する際に注意しなければならない探偵は存在するものです。そのような探偵の多くは「依頼を獲得するため都合の良い詭弁」を言葉巧みに持ち掛けるものなのです。現実に存在する職業の多くは「対価に値する価値あるモノを提供する」ものです。残念ながら前述した悪質な探偵には「価値ある報告を提供する調査力が無い」探偵がその殆どであり、時には前金で調査契約時点で費用を支払いを強要し、その後の調査はいい加減な探偵も実在するのです。

もし、安易な探偵選びにより悪質な探偵と契約を結んでしまう行為があったならば後に大きな後悔を招いてしまいます。特に「調査費用を全額前払い」などを強要する探偵との契約は即刻回避する必要性が高いと判断できるのです。このような費用請求をする探偵は要注意であり、「問題の多い探偵の特徴」と記憶されることが必要となるのです。

その他に要注意な探偵として無視できない行為が「法令違反を無視した調査業務を実施」する探偵が存在します。個人情報保護や違法性の高い情報収集により得た情報を調査報告とし引き換えに報酬を得る探偵は非常に危険な存在と言えるのです。

探偵業を実施するために大切な知識

現代社会で探偵業務を実施する上で欠かせない知識は「探偵業法を理解する」ことが大きいと断言できます。この法規を知らない探偵が探偵業務を実施していたならば1年ほどで行政処分の対象となってしまうことでしょう。なぜなら、探偵業は管轄警察所による立ち入り検査が一年に一度必ず実施される現状にあります。そのため、依頼人との契約内容の書面での不備や取り交わす調査について調査の費用記載・調査を実施する期間・調査終了後の報告形式などが委任契約書に記載がないケースでは行政処分の対象となっているのです。それに加えて「誓約書・重要事項説明書」などに署名・捺印を取り交わし始めて契約の成立と言えるのです。このような探偵として基本的な業務が実施できていない人物は「探偵失格」と言えるのです。

世の中の変化に対応する探偵

世の中の変化は予想以上に早く、世間の常識も10年前とは異なることが様々であると言えるでしょう。代表的な変化と言えばインターネットの復旧により個人売買やネットショッピング等により流通が盛んになったと言えるでしょう。盛んになることが状況として確認されたならば「状況に応じたトラブルが増加」することが当然と言えます。スムーズな業務を実施したいと考え、事業を展開している企業の多くは「トラブルの対応をマニュアル化」することで多くの問題や困難に対処しているのです。

我々、探偵業界も同様であり10年前とは業務の常識が異なり、可能な業務の中でトラブルや困難になるであろう状況を想定した「教育やマニュアル」をもとに日々の調査業務に従事しているのです。

こと探偵業務に関しては、人材教育が行き届いていないと「大きなトラブル」に発展してしまう可能性が高いと言えます。

現場で調査を実施する人物は「調査上実施してはならないこと」を認識しなければ現場で調査を実施させるわけには行きません。仮に調査対象者が立ち寄った共同住宅で「不明な情報を得る為に敷地内に立ち入る」行為や、長時間にわたり張り込みが必要となってしまったために「他人の所有する月極め駐車場に入り長時間過ごす」等の行為は違法行為となってしまうのです。このような常識的な判断を現場の調査中に誤ってしまう人物は現代社会では探偵失格と言えるのです。自身の判断に過信し、世間の変化についていけていない事実を受け入れられない人物は少なくないのです。